肌の赤みを取るには

更新日:

こんにちは。

いつもブログを

ご覧いただきありがとうございます!

Salon Warm Beauty  の藤井です。

去年の春あたりから、こめかみから頬にかけて赤みが出て、

「顔が赤いよ、熱があるの?」

なんて言われるくらい、顔全体が赤くなってしまい、

下地とファンデーションを厚塗りして隠したりしていました。

日夜ネットで赤みに効くという方法や化粧品やサプリを試しては、

一向に効果が出ないまま、一生このままなのかなぁと怯えてみたり。

それが、去年の冬に彫刻リンパの全身トリートメントを受けて、

はじめて自分の身体の中に溜まった疲れを自覚しました。

身体中が悲鳴をあげて、顔の赤みとなって知らせてくれていたのですね。

でも、私は表面の肌しか見ていませんでした。

自身の疲れを自覚出来たことで、睡眠や食事を見直し、

徐々に赤みが取れてきたような感じがしていました。

そして最近、

家族から「肌がキレイになったね」と言われたのです。

ヤッター!!

さて。

ここで更なる成功の秘訣をお話しします。

疲れを自覚した私は、生活の改善をはかり身体を労わると同時に、

あることをしました。

これが、肌の改善をかなり加速させたのです。

何をしたかと言えば、

変えたこと。

クレンジングを変えたのです。

でも、

ここまでは、よく聞く話。

違うのは、

クレンジングミルクでお化粧を落として、

拭き取り化粧水で拭き取る!

ここが大変重要なので、もう一度言います。

拭き取り化粧水で拭き取る!

これは目からウロコでした。

洗い流す前にこのひと手間を加えるだけで、

肌の仕上がりが、

ぜっっっぜん違います。

忙しいし、クレンジングはなるべくスピーディに済ませたい。

わかります、わかります。

でもこのひと手間が、だいぶ違うのです!

本当に違うのです。

お化粧と混ざり合ったクレンジングミルクは、その後の洗顔だけでは落ちにくい。

この落としきれなかった汚れがお肌のトラブルやクスミ、乾燥につながります。

今の時代にあえて

ぜひこのトリプル洗顔をお試しいただきたいと思います。

サロンではお肌の質に合ったクレンジングをご案内しております。

また、

肌をはじめとする身体の一部に出ているお悩みは、

もしかすると全身のどこからかのお疲れのサインかもしれません。

どんな些細なことでも、ぜひぜひご相談くださいませ。

-スタッフブログ

Copyright© 彫刻リンパ®サロン カラダとココロを温める Salon Warm beauty , 2019 All Rights Reserved.